二月も半ばになって、日が延びてきたり、暖かい日が続いたりなど、少しずつ春の気配を感じられるようになってきましたね。外出が気持ちいい季節になってきましたが、これまで通り、感染症予防対策をしながら過ごしましょう。

 

  • ドライバーさんのキャリアアップを応援します!

タクシードライバーさんの中にも、タクシーの売り上げを上げて余暇を充実させたい、通常のタクシーの他に観光タクシードライバーとしても働きたい、タクシードライバーとして経験を積んだ後は運行管理者になりたい、将来は独立したい、など、人によって様々な目標があると思います。

すばる交通では、ドライバーさんのキャリアアップの一環として、運行管理者試験や東京シティガイド検定などといった資格取得試験を会社負担で受けることができますよ。

去年は密を避けるため、勉強会を行うことができませんでした。一昨年までの勉強会の様子などをご紹介します。

 

  • 運行管理者になるためには

運行管理者になるためには、毎年二回行われている運行管理者試験に合格することが必要となります。

試験を受験するには、一年以上運行管理の実務を行うか、自動車事故対策機構が行う基礎講習を受講し、運行管理補助者としての資格を得なければなりません。

そのための準備として、外部講師の方を招いたり、運行管理者試験対策などの研修や勉強会を行っていましたよ。道路運送法、道路運送車両法、労働基準法などの法令関係。運行管理者の業務に関し必要な実務上の知識及び能力についてと、覚えることはたくさんあります。

 

  • 観光タクシードライバーになるには

観光タクシードライバーは、運転だけでなく、一定以上のレベルで観光ガイドサービスができるタクシードライバーさんです。東タク協の定めたルールでは、観光タクシードライバーになるために以下の条件を満たす必要があります。

ユニバーサルドライバー研修の修了

東京シティガイド検定の合格

東京観光ドライバー認定研修の修了

さらに、すばる交通では上記のものに追加して、ゴールドタクシー資格保持が条件となっています。

 

  • 東京シティガイド検定とは

東京シティガイド検定は、海外や国内から東京を訪れる旅行者に、東京の魅力をご紹介していただくために必要な知識の理解度を測る検定です。東京シティガイド検定公式ホームページに記載されている通り、ご当地検定の先駆けとして平成15年から実施しています。

現代日本の中心であり、江戸時代からの歴史と文化が根付く東京。魅力たっぷりな東京の歴史や産業、地理、最新の観光地など、さまざまな知識を持っていないと検定には合格できません。そのため、プロとして東京都内の観光をすることになる観光タクシードライバーには必須のものになります。

例年12月に試験が開催されていましたが、今回は3月に試験日が移動となりました。

 

  • 自分のスキルアップを目指す方が多くいます

英会話教室を毎週開催している他、純粋に売り上げをもっと上げたいドライバーさんが会社の一室を借りて集まって、自主的に勉強会を開催することもありました。

タクシードライバーの場合、自分が自由に使える時間が多いため、その時間を利用していろいろなことに挑戦しやすいのだとか。タクシーを運転しながら、みなさん自分のキャリアアップのために様々なことに挑戦していますよ。

 

  • タクシーは毎日稼働中!

緊急事態宣言下でもタクシーは毎日稼働しております。

タクシーなら、ご自宅から目的地まで、ドアtoドアの移動ができるため、人ごみなどを極力避けて移動することが可能ですよ。

お仕事やお買い物など、避けられない移動にはぜひタクシーをご利用ください。

 

 

 

(Visited 54 times, 3 visits today)