若者文化の発信地として、人気の観光地である原宿。すぐ近くに明治神宮もあり、国内外の観光客でいつも賑わっている、観光タクシーでも大人気のスポットです。

 

  • カワイイの発信地!竹下通り

原宿駅前にある竹下通りは、日本国内はもとより今や世界中から人が集まる「カワイイ文化」の発信地として有名です。クレープなどを食べながら可愛らしい雑貨や流行のファッションなどを見て回る方がいっぱいいますよ。最近ではあちこちから英語も聞こえてきます。

入口にあるアーチには「竹下通りパノラマビジョン」が設置されており、そこには毎年開催される「HARAJUKU 竹下通りアートフェス」で募集した作品が放送されています。写真ではどうしても撮影することが出来なかったので、ぜひご自身の目で見に行ってみてください。

 

  • 原宿で静かな時間を。ブラームスの小径

賑やかな竹下通りですが、一本裏路地に入ると、とても静かでのんびりとした路地に入ります。緑が茂って、レンガ調のヨーロッパの街並みを思わせるここは「ブラームスの小径」と呼ばれていますよ。

名前の由来は諸説あります。昔にこの道を通っていた小川をセーヌ川に見立てて、気軽にヨーロッパ気分を味わうためであるとか、16世紀ドイツの作曲家ヨハネス・ブラームスの胸像が置いてあるのからだとか。こちらのブログで引用されている2013年発行の読売新聞では、この路地にある洋館・ルセーヌ館を建てた男性が、友人であるフランス人作家の著書にちなんだ名前であると紹介されています。

ブラームスの小径には、レストランやブライダルショップがあり、ゆったりとした時間を過ごすことが出来ますよ。

観光情報を載せているいつでもナビるるぶ&moreでも紹介されている穴場スポットです。竹下通りから一本入っただけなのに、とても静かで不思議な気持ちになります。お買い物の他、抜け道として使う方も多かったですよ。

 

  • 噴水広場のあるフォンテーヌ通り

ブラームスの小径を出て、道路を横断してまっすぐ進むと、今度はフォンテーヌ通りと書かれた道に出ます。美容室などが集まっているここには、可愛らしい噴水がありますよ。

このまま歩いていると、途中からモーツァルト通りに変わります。ここにしかない穴場なお店などもあるので、原宿を隅々まで楽しみたい方は、ぜひ歩いてみてください。

地図上の赤い線がブラームスの小径、青い線がフォンテーヌ通りです。

 

さすがに小道や竹下通りを車で通ることは出来ませんが、原宿には有名な観光地がたくさんあります。原宿観光の際は、ぜひ観光タクシーをご利用ください。

 

 

(Visited 151 times, 1 visits today)