年始と言えば初詣。皆様の中には、今年の初詣に湯島天神や上野東照宮など、都内の人気観光スポットでもある神社へ行かれた方もいらっしゃると思います。すばる交通でも、今年は浅草寺まで初詣に行ったよ、などのお話を聞きました。

原宿・表参道の人気観光スポットである明治神宮は、初詣の参拝者数が日本一としても知られており、今年もたっくさんの人で賑わったそうです。境内はとても広く、「永遠の森」を目指して植えられた森林に囲まれた長い参道が続いています。景色が綺麗なので、よく立ち止まって写真を撮っている観光客の方も多いですよ。

最初の鳥居をくぐった後、二つ目にくぐる大鳥居は高さが12メートル、幅が17.1メートル、柱の太さが直径1.2メートル、重さが13トンもあり、日本で最も大きい木造の明神鳥居と言われています。原木には、明治神宮御造営の時に台湾総督府より献木されたヒノキを使っています。

明治神宮にはパワースポットでもある清正の井戸や、縁結び、家内安全の象徴として親しまれている夫婦楠(めおとくす)など、見どころがたくさんあります。このご神木の由来は、明治天皇と昭憲皇太后がとても仲が良かった事から、夫婦円満や家内安全や縁結びのご利益があると言われているそうです。なんだかほっこりする由来ですね~

 

 

(Visited 28 times, 1 visits today)