気温も落ち着いて、もうすっかりと秋になりました。少し寒すぎる日もあるくらいで、今年の夏の暑さがもう遠い昔のようです。

これからは行楽シーズン。素敵な景色などを楽しむことのできる秋が始まりますよ。

 

  • 旧古河庭園

北区にある旧古河庭園は、史跡名勝天然記念物として登録されています。

武蔵野台地の地形を巧みに利用した大正初期の庭園の原型を留める貴重な庭園となっており、バラなどの花が綺麗に植わった洋風の庭園と、日本庭園の両方を楽しむことができますよ。

 

  • ジョサイア・コンドルが設計した洋館と洋風庭園

現在の洋館と洋風庭園の設計者は、旧岩崎邸庭園三菱一号館美術館等の設計をした、英国人ジョサイア・コンドルです。洋館は彼の最晩年の作品と言われています。

左右対称の幾何学模様の刈込のフランス整形式庭園と、石の欄干や石段・水盤など、立体的なイタリア露壇式庭園の技法を合わせた庭園に咲くバラと洋館を撮影すると、とっても素敵な写真が撮れます。

 

  • 秋のバラフェスティバル開催中!

バラは春と秋に見頃を迎えます。現在、旧古河庭園では秋のバラフェスティバルが10月7日から11月10日までの期間で開催していますよ。

約100種200株の色とりどりのバラが咲いており、庭園さんぽや音楽会など、さまざまな催しが予定されています。秋のバラは香りも素敵なので、歩いているだけでとっても楽しい気持ちになれます。

写真の撮影時点ではまだ開花していなかったため、バラの写真は2019年の時のものになります。ちゃんと開花情報を確認しないといけませんね。開花情報は旧古河庭園の公式X(旧Twitter)で見ることができますので、ぜひ見頃を外さずに訪れてみてください。

 

  • 紅葉めぐりスタンプラリーが開催中!

秋バラはもちろん、紅葉の季節でもあります。10月14日から12月10日までの期間で、都立9庭園「紅葉めぐりスタンプラリー」が開催されていますよ。

スタンプの取得数に応じてオリジナルポストカードや2024カレンダーの割引券など、素敵なプレゼントをもらうことができますよ。紅葉の季節はどこの庭園もとっても綺麗に色付くのでおすすめです。

スタンプラリー台紙は、対象庭園の窓口や、園内に設置されたラックにて配られています。また、各庭園には紅葉スタンプラリーとは別に記念スタンプが用意されているので、一緒に押して帰ると記念になって素敵ですよ。

旧古河庭園は近くにある六義園との園結びチケットを購入すると、およそ50円ほどお得に両方の公園に入園することができます。参加するなら見逃せませんね。

 

  • バラも紅葉も、和洋どっちも楽しみたい!

秋バラも紅葉ももっと楽しみたい、という方は、11月11日から12月3日までの期間で旧古河庭園で開催される「紅葉とバラ、和と洋の秋」のイベントもおすすめです。

日本庭園の紅葉と洋風庭園のバラ、和洋どちらの秋も楽しめる旧古河庭園ならではの催しです。

過ごしやすく景色も綺麗な秋を旧古河庭園で満喫しましょう!

 

  • 移動にはタクシーをご利用ください

過ごしやすい秋らしい気候になってきました。むしろ、ちょっと肌寒いくらいですね。まだこの涼しさに慣れなくて暑さ寒さの対策がしづらい、急な雨も多いからお出かけが不安……という方は、ぜひタクシーをご利用ください。

タクシーなら快適な車内でご自宅から目的地まで、ドアtoドアの移動ができますので、ぜひご活用ください。空調もその場にあわせて調整いたしますので、快適に移動することができますよ。

さらに、人ごみなどを極力避けて移動することが可能なので、観光地の移動にはぴったりですよ。密を避けた移動や、お仕事などの避けられない外出、自分のペースでのんびりと観光地を巡りたいという方は、ぜひ観光タクシーをご利用ください。

 

 

(Visited 113 times, 1 visits today)