気付けばもう12月も後半。そしてクリスマスの季節です!

クリスマスシーズンにはあちこちでイベントが盛りだくさん。東京タワー芝公園の二会場で、東京クリスマスマーケット2019が開催されています。

 

  • クリスマスマーケット

クリスマスマーケットは、ドイツを中心にヨーロッパ各地に伝わる伝統的なお祭りです。
街の中心部である広場に屋台が集まり、特徴的なクリスマスのデコレーション、イルミネーション、そして伝統的なお菓子やグリューワイン(ホットワイン)、雑貨などが売られます。

平日の昼間から賑わっています!毎年11月末から12月25日までのクリスマス・シーズンに開催されており、ドイツの冬の風物詩となっています。

 

  • 東京のクリスマスマーケット

東京でも2015年に日比谷公園で初開催されてから、毎年行われる定番のお祭りとなっています。

東京会場では、クリスマス・オーナメントの本場、ドイツ・ザイフェン村からやってきた高さ14メートルの「クリスマスピラミッド」をシンボルとし、グリューワインやクリスマススイーツ、ヨーロッパ風のクリスマスオーナメントなどの店舗が並んでいます。

さらに、今年は芝公園と東京タワーがコラボして開催!御成門駅前の芝公園をメイン会場とし、東京タワー正面玄関前とあわせて屋台やイベントがおこなわれています。

 

  • クリスマスピラミッド

クリスマスマーケットが開催されるメイン会場である芝公園には、「クリスマスピラミッド」と呼ばれる大きなタワーが設置されています。

ウィキペディアなどによると、ツリーよりも歴史が古く、木のあたたかみが感じられる冬の風物詩として、クリスマスには欠かせない芸術品なのだそうです。

角度によっては東京タワーとのツーショットも撮影できますよ。

明るい場所で見るクリスマスピラミッドも、ライトアップされたクリスマスピラミッドも、それぞれ違った趣があって素敵です。

 

  • 東京タワーサテライト会場

東京タワー正面玄関前にも屋台が出店しています。本会場である芝公園に比べると人も屋台も少ないですが、東京タワーのライトアップを真下から眺めて、ゆったりとあたたかい飲み物を飲むのも素敵ですよ。

 

  • 東京タワーオレンジイルミネーションも一緒に楽しめます

正面玄関ではクリスマスマーケットの屋台の他、オレンジイルミネーション2019が開催されていますよ。

「都会のキャンドル」をイメージした高さ11.1メートルの鉄製の東京タワー型オブジェ「キャンドルタワー」が登場しています。フォトスポットとして大人気で、多くの人が足を止めていました。

こちらは東京タワーの1/30スケールの大きさだそうです。東京タワーとキャンドルタワー、どっちも同じ画面に納めて撮影することももちろん可能ですよ。

 

  • 全国でクリスマスマーケットが開催されています

クリスマスマーケットは東京だけでなく、大阪や名古屋、北海道、熊本などでも開催されています。それぞれ屋内外でさまざまな催しが行われていますよ。

写真は大阪で開催されていたクリスマスマーケットのツリーです。クリスマスピラミッドはありませんが、素敵なクリスマスツリーを見ることが出来ましたよ。また、大阪で開催されるドイツ・クリスマスマーケット大阪には、世界に4つしかないと言われる、木製のアンティークメリーゴーラウンドがありました。

あちこちのクリスマスマーケットを見て回るのも楽しそうですね。

 

  • 東京観光にはぜひ観光タクシーをご利用ください

東京タワー周辺には観光スポットがたくさんあります。またキャブログでご紹介していきたいと思います。

東京タワー公式サイトによると、周辺の主要な観光スポットを全部回るだけで、およそ三時間かかるそうです。芝公園の周辺をぐるりと回るだけでも、徒歩での移動はとっても大変。観光の際は、ぜひ観光タクシーをご利用ください。

 

 

 

(Visited 37 times, 1 visits today)