カルチャー文化の発信地、電気街、オタク文化の聖地と、今では定番の観光地である秋葉原。観光タクシーだけでなく、通常のすばるのタクシーも、よくこの近辺で走っているのを見かけますよ。

 

  • オタク文化の聖地秋葉原。駅前だけでも見どころがたくさん!

秋葉原に観光に来る方の中には、日本のアニメ・ゲームが好きだから、という方も多くいます。町中にいろんなお店があるので、見て回るだけでも楽しいですよ。

また、秋葉原は駅前だけでも目立つビルがあるので、たくさんの観光客の方がよく記念撮影をしています。最近は特に外国人観光客の方が多く、ビル前の横断歩道付近から、大通りの写真を撮影している方を多く見かけました。

大通りに並んでいるビルの外観には、新しいアニメやゲームの宣伝が並んでいるので、カルチャー文化の中心地である秋葉原らしい景色を撮影することが出来るのも理由かもしれませんね。

 

  • 世界のラジオ会館秋葉原

秋葉原駅前にある、黄色い大きな看板が特徴的な「世界のラジオ会館秋葉原」では、ホビー、フィギュア、ミリタリー、AV機器など、さまざまな店舗が入っています。一階では東京土産も売っていますので、お土産を買うのにぴったりです。以前にもブログで紹介したことがありますよ!

最初は終戦直後の占領期にGHQが露店の排除命令を出したことで、行き場を失った電器店の営業拠点の提供を目的に1953年に設立されたそうです。その後秋葉原のランドマークの一つとして親しまれましたが、旧本館が築50年近く経過して老朽化が進み、東京都から建物の耐震性の問題が指摘されたため、一度ビルを壊してから、2014年にリニューアルオープンしました。

 

  • ボークス秋葉原ホビー天国

ラジオ会館の隣のビルは、ラジオ会館ビルの工事中に臨時店舗として使用していました。ラジオ会館がリニューアルした現在では、日本の模型造形メーカーである株式会社ボークスのホビー関連専門であるボークス秋葉原新ホビー天国が開業しています。

地下1階から7階まで、すべてのエリアがホビー関連の賞品を取り扱っていますよ。少しマニアックなものから最新作まで、数多くそろっているので、見ているだけでも楽しいです。国内外のお客様がたくさん訪れていました。

また、ビルの外観には以前にブログで触れたこともある、「知的好奇心をあなたと共に!!」という大きな垂れ幕が下がっています。

 

  • 秋葉原観光の際はぜひ観光タクシーを!

電気製品やホビーなどを買うと、すぐに荷物がいっぱいになってしまいますが、観光タクシーなら車に荷物を預けて回れるので、とってもおススメです。

観光タクシーについてのお問い合わせは、こちらの観光ホームページまでお願いいたします。

 

(Visited 46 times, 1 visits today)