千葉県安房郡鋸南町にある保田(ほた)小学校は、廃校になった小学校をリニューアルして利用している道の駅です。道の駅としてお買い物はもちろん、都市交流を目的としたカフェや宿泊施設としても解放されています。

 

  • 廃校を利用した道の駅 保田小学校

道の駅ホームページ保田小学校公式ホームページによると、2014年学校としての役割を終え廃校となった「町立保田小学校」が、2015年12月に「道の駅 保田小学校(ほたしょうがっこう)」として生まれ変わり、オープンしました。

懐かしの給食メニューを提供する「里山食堂」をはじめとしたカフェや飲食店が並ぶほか、体育館を利用した特産品の直売所「里山市場きょなん楽市」や、教室の面影を残す元教室の宿泊施設「学びの宿」、元職員棟2階の温浴施設「里の小湯」などがあります。

千葉観光をした帰りに寄ってお土産を買ったり、最初から保田小学校でゆっくりするために訪れるなど、さまざまな楽しみ方が出来ます。春休み中は多くの家族連れの方が訪れたそうですよ。

 

  • 地域No.1のアイテム数!直売所「きょなん楽市」

「道の駅」は、安全で快適に道路を利用するための道路交通環境の提供、地域のにぎわい創出を目的とした施設で、「地域とともにつくる個性豊かなにぎわいの場」を目指しています。もちろん保田小学校にも直売所があり、地域No.1の品数が揃えられていますよ!

もちろん、他にも催し物や美味しい食べ物、お土産がそろっているので、いつ行っても楽しめます。訪れる際は、ぜひすばるの観光タクシーをご利用ください。

 

(Visited 37 times, 1 visits today)