梅雨も明けて、暑い日が続きます。最近は熱中症や感染症の他にも夏風邪が流行っているようですので、みなさん体調管理には十分お気をつけて、楽しい夏をお過ごしくださいね。

 

  • 東京駅丸の内駅舎

多くの観光地がある東京。東京に来て一番最初に出会う都内の見どころといえば、東京駅丸の内駅舎です。改札を出て見上げるドーム状の天井に赤レンガの外観は、とても印象に残ります。

丸の内駅舎は、国指定重要文化財にも登録されています。駅舎内には美術館である東京ステーションギャラリーがあり、気軽に訪れることができますよ。

 

  • 東京駅丸の内駅舎の歴史

1912年に開業した東京駅。1945年に戦災によってその姿を失いましたが、2003年に日本の重要文化財に駅舎が指定されたことで、2007年より丸の内駅舎の保存・復元工事が開始しました。

解体して立て直すのではなく、1・2階の既存レンガや内蔵鉄骨、外壁などは可能な限り活用し、2階建てを創建時の3階建てに変更して、2012年に工事が完成しました。

東京駅の詳しい歴史については、東京ステーションシティのホームページ詳しく記載されています。

 

  • ドーム状の天井

赤レンガの駅舎はもちろん、ドーム状の天井がとっても素敵です!

ドーム下の八角コーナーには、左を向く八羽の勇猛な鷲が取り付けられています。遠くから見るので小さく見えますが、実際は2mもある大きな彫刻なのだそうです。十二支のレリーフがあったり、とても細かい装飾がされているそうなので、じっくりと見上げているだけでも楽しめます。

東京駅周辺には他にも人気の観光スポットが多く存在しています。東京駅丸の内駅舎を眺めてから観光タクシーで出発する、という方も多いですよ。

 

  • 8月5日はタクシーの日!

8月5日は「タクシーの日」です!

日本で最初に誕生したタクシーである「タクシー自動車株式会社」が、1912年8月5日に麹町区有楽町の数寄屋橋付近にて設立されたことにちなんで、タクシー業界でタクシーの日と定められました。

毎年この日には、タクシーにちなんだイベントが開催されており、今年も有楽町駅前広場にて、タクシーの日のイベント「 8月5日「タクシーの日」~東京の街にくりだそう!~」が、8月5日土曜日の11時から15時の間で開催します!

タクシーに関するパネル展示やスタンプラリー、お子様向けにタクシー乗務員の制服を着て車両の前で記念撮影できるなりきり乗務員撮影会など、さまざまな催しが予定されています。

銀座や東京駅など、週末に有楽町の近くまで遊びに来た際は、ぜひお立ち寄りください。

 

  • 移動にはタクシーをご利用ください

最近は本当に暑い日が続いて、外を歩くだけでも大変です。タクシーなら快適な車内でご自宅から目的地まで、ドアtoドアの移動ができますので、ぜひご活用ください。空調もその場にあわせて調整いたしますので、快適に移動することができますよ。

さらに、人ごみなどを極力避けて移動することが可能なので、観光地の移動にはぴったりですよ。密を避けた移動や、お仕事などの避けられない外出、自分のペースでのんびりと観光地を巡りたいという方は、ぜひ観光タクシーをご利用ください。

 

 

(Visited 134 times, 1 visits today)