• キャリアアップの一環として!

すばる交通ではドライバーさんのキャリアアップの一環として、運行管理者試験を会社負担で受けることができます。

まずは受験資格として必要な運行管理者の基礎講習を、すばる交通からは33名の方が受けに行ってきましたよ。

 

  • 運行管理者になるためには

運行管理者になるためには、毎年二回行われている運行管理者試験に合格することが必要となります。

 

  • 運行管理者試験の受験資格

試験を受験するには、一年以上運行管理の実務を行うか、自動車事故対策機構が行う基礎講習を受講し、運行管理補助者としての資格を得なければなりません。

試験には旅客と貨物の二種類があり、タクシーは旅客の試験を受けることになります。道路運送法、貨物自動車運送事業法、道路運送車両法、労働基準法などの法令関係。運行管理者の業務に関し必要な実務上の知識及び能力について出題されています。

 

  • 年々上がっていく合格率。試験合格に向けて勉強中!

2018年8月に行われた旅客試験の合格率は31.7%です。2017年は34.1%だったことから、年々難しくなっていると言われていますよ。

現在、すばる交通では、以前に基礎講習を受けたことのある方も含めた38名の方が、3月3日に運行管理者試験センターで行なわれる運行管理者試験合格に向けて勉強中です。

 

  • 社内でも勉強会などを開催しています

2月19日にはすばる交通本社にて外部講師を招いて勉強会を行いました。講習や勉強会では道路法や労働基準法といった法令関係について、過去問を中心に試験対策を行ったそうです。

「道路法などは実際の営業に関わる部分も学ぶことが出来るので、実際に運行管理者にはならずとも、ドライバーとしてタメになることが多かった」「まだまだ勉強することが多くて大変です」等と言ったコメントをいただきました。

試験まであと数日。皆さん頑張ってください!

 

(Visited 72 times, 1 visits today)