石川県の金沢の銘菓である加賀鳶(かがとび)は、江戸時代末期から160年も続く老舗である諸江屋(もろえや)のもなかです。一口サイズで食べやすく、ついついたくさん食べてしまいます。

kagatobi-2

江戸時代、加賀藩おかかえの大名火消しのことを「加賀鳶」と呼んだことからこの名前がついたそうです。加賀鳶たちの着ている服、加賀纏(かがまとい)の紋様がもなか表面に入っています。

観光タクシー

(Visited 68 times, 1 visits today)