新宿三丁目にある伊勢丹と丸井の間にある交差点に、「新宿追分(おいわけ)」と書かれた立柱と絵地図があります。これは現在の新宿三丁目が、甲州街道と青梅街道の分岐点であったことを示しています。

信号のすぐ近くというのもあって、人が多いので目立ちにくいのですが、こんなところにも新宿の歴史を学べるポイントがあるのですね!

観光タクシー

(Visited 296 times, 1 visits today)