皇居外苑の一角に、楠木正成の銅像があります。二重橋を正面に見据えるこの像は、楠木正成が1333年(正慶2年)隠岐(おき)の島から帰ってくる途中の後醍醐帝を、兵庫の道筋でお迎えした折の勇姿を象ったものなのだそうです。

今にも馬が走りだしそうな迫力のある銅像です!

観光タクシー

(Visited 54 times, 1 visits today)