坂道が多いことで有名な東京。こちらは千代田区霞ヶ関二丁目にある「霞ヶ関坂」です。

標識には「この坂を霞が関坂といいます。中世のころ関所がおかれていたとされ、景勝地として古歌にもうたわれたものが多く、霞が関の名の起こりとなっているようです。江戸時代は広壮な諸大名の屋敷が立ち並んで錦絵にも描かれました。いまでは霞が関というと中央官庁街の代名詞となっています。」と書かれています。

kasumigaseki-1

標識は坂上と坂下の両方に設置されています。

観光タクシー

(Visited 33 times, 1 visits today)