INTERVIEW仲間を知る

先輩社員インタビューInterview

ドライバー坂野 彩Aya Sakano

Career
神田外語大学外国語学部卒業後、タクシードライバーとして2017年に入社。英語対応の観光ドライバーになることを目標に、現在は都内の道と観光案内の勉強に励んでいる。
Hobby
映画鑑賞、ディズニーに行くこと
人の為に行動できる喜びがあります
学生の頃、自分がタクシー会社に入社するとは正直思っていませんでした。
英語を活かせる仕事を探しているときに見つけたすばる交通でしたが、説明会でタクシー会社に対するイメージがガラッと変わったのを今でも覚えています。
「英語で外国人観光客のサポートをする」という仕事内容に魅力を感じすばる交通への入社を決意しましたが、ペーパードライバーの私は運転技術と地理の知識の無さに不安を感じていました。

入社後3カ月にわたる研修を通じて思ったことは、先輩方のフォローが手厚いということ。
道の名前も知らなかった私がお客様から感謝されるドライバーになれたのは、すばる交通の「わからないことがあればすぐに聞くことができる環境」や「お客様によりご満足いただく方法を一緒に考えてくれる仲間」のおかげです。

ドライバーとしてお客様と触れ合う中で感じることは、タクシードライバーは女性が活躍できる仕事だということです。 体の不自由なお客様からの「丁寧な運転で助かります」という言葉や、お子様連れのお客様からの「女性のドライバーだと安心です」という言葉から、女性の私だからこそできる接客があり、喜んで頂けることがあると実感しています。
 心配りがお客様に伝わることでいただける「ありがとう」という感謝の言葉。日々いただけるその一言がやりがいとなり、自らの成長につながっています。