ビルが立ち並ぶような都内でも、町の一角やビルの屋上に神社があることはそう珍しくありません。西武池袋本店9階屋上の片隅、以前キャブログで紹介した「睡蓮の庭」の奥に、小さな稲荷神社があります。

この伏見稲荷神社は、昭和4年に創建されました。実は同様の名前の神社がシブヤ西武にもあり、そちらと同様、東伏見稲荷とも呼ばれています。京都の伏見稲荷大社の分社であるそうです。

西武池袋本店の9階屋上では、睡蓮の庭やビアガーデンなどがあってにぎやかですが、神社は奥の方にあり、通り抜けもできないためかとても静かな場所になっています。のんびりと西武池袋本店の屋上を散歩するだけでも気持ちよさそうですよ。

観光タクシー

(Visited 61 times, 1 visits today)